サービスの仕組み

ハードディスク

可能な範囲で取り戻せる

データ復旧サービスは申し込みをすると可能な範囲で失われたデータを復旧し、別途用意したハードディスクやDVDなどの各種メディアに保存して納品してもらえる仕組みになっています。ハードディスクがクラッシュしたり、誤って必要なファイルをゴミ箱から消去してしまったりしてしまったときには通常はデータがなくなってしまいます。しかし、ハードディスク内にはまだデータが残っていてアクセスできない状態になっているだけのことも少なくありません。特に削除してしまってからまだあまりハードディスクの読み書きをしていない段階であれば元に戻せる確率が高くなります。ディスク上で上書きするようにデータが整理されてしまうとファイルが壊れてしまって復旧できなくなってしまうからです。そのため、データ復旧サービスに申し込んだときにはあくまで可能な範囲で対応してもらうことになります。ただ、単純にそのまま残っているファイルを取り出せるようにするだけでなく、ある程度はディスク内のデータをつなぎ合わせて、見た目では壊れてしまっているファイルを元通りにして回収できるようにする技術を持っている業者もあります。このようなサービスを標準にしていることもあれば、別料金でオプションとしていることもあるので必要に応じて依頼するようにしましょう。基本的には料金は一律になっているか、復旧したサイズによって決まる仕組みになっているので、業者選びの際には念頭に置いておきましょう。

Copyright© 2020 探しても見つからないなら専門家に相談しよう All Rights Reserved.